お問い合わせ

太陽光発電設備の使用前自己確認・使用前安全管理審査、主任技術者外部委託業務、各種試験業務承ります。

お問い合わせはこちら

試験業務応援に行きました④

今回は、キュービクル更新に伴う絶縁耐力試験の依頼を受けたため、大分県にお邪魔させていただきました。
絶縁耐力試験は高重量の機器が多くセッティングにも多少時間がかかります。
そして絶縁耐力試験で一番大切なことは、試験前の外観点検です。
この試験は交流10350Vを高圧機器に10分間印加します。
各高圧機器が、正常に接続されて初めて成立する試験ですので、誤配線のまま試験を行うと簡単に機器を焼損してしまいます。
今回は絶縁耐力試験前に、変圧器二次側のB種接地工事が施されていませんでした。
試験前に、気づくことができ電気主任技術者及び電気工事士に指摘を行い、試験を実施しました。
他に不良個所がないか、ハラハラしましたが、無事に10350Vの電圧を連続10分間耐えることができ、絶縁耐力試験を終えることが出来ました。

 

当方は、絶縁耐力試験や保護継電器特性試験を日常的に実施しています。
ご依頼があれば、いつでもお問い合わせください。
ご依頼のお問い合わせは、ホームページ内のお問い合わせや、X(旧Twitter)のDM、インスタグラム・Facebookのメッセージからも受け付けています。
どうぞよろしくお願いします。

【  お問い合わせ  】
 twitter.com/asahimarururu
 instagram.com/asahi_denkikanri
 facebook.com/asahidenkikanri

コメント